« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

喜界島マラソンの打ち上げパーティーはとても愉快

喜界島マラソンの後、夕方から、喜界第一ホテルの庭で、打ち上げパーティーが開催されました。

開始まで少し時間があったので、周辺を少しだけ散歩しました。喜界空港に隣接する敷地、景色は最高でした。

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

島外からひとりで初参加、というのは気後れするものでしたが、お酒を片手にテーブルを囲めば、よそ者は自分だけで無いことがわかって、ひと安心。

私と同じく大阪出身の美人母娘が、温かくテーブルの仲間に迎え入れてくれました。とても楽しい母娘で、娘さんの方は奄美在住とのこと。住まいも私が子供の頃過ごしたごく近所と判明。こんなに離れたところで地元のご近所さんに会えるとは、面白いものですね。

同じテーブルでは、喜界島出身で沖縄在住の方とマラソン談義。お仕事は2度目のリタイアだそうで、家の用事を色々やるついでに参加したとのこと。トレランもされるとのことで、沖縄の大会を紹介してくれました。

また、同じテーブルを囲んだ朝日酒造の方が、とても親切で愉快。島のことを色々と教えてくれたり、踊りへの参加を勧めてくれたり、何かと気遣ってくれて、とても楽しませて貰いました。

お酒は、ビールもありましたが、お薦めは黒糖焼酎朝日酒造喜界島酒造の2社が提供していました。私はお酒が弱いのですが、ここの焼酎はいくらでも飲めてしまいました。翌日も全く残らず少々驚き。

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

日が落ちて、次第に暗くなる頃、イベントが少しずつ始まりました。ドローンで撮影したレースの様子がホテルの壁面に映し出されたり、ダンスや歌や演奏があったり。お酒も進み、パーティーは次第に盛り上がって行きました。

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

印象に残ったのは、喜界島出身のシンガー、東郷晶子さんの生ライブ。夜空に響き渡る素晴らしい歌声に、とても感動してしまいました。

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

最後は全員で入り乱れて踊りまくり。踊り方もわからず見よう見まねでしたが、とにかく愉快。マラソンの打ち上げパーティーとは思えない、島の祭りに来たようで、とても良い思い出になりました。

喜界島マラソン2018打ち上げパーティー

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月28日 (土)

    喜界島マラソン(鹿児島県、2018年)~心温まる珊瑚礁の島ラン

    去る4月22日(日)、喜界島マラソン鹿児島県)に行ってきました。

    これでフルマラソン55回目です。島ランは、伊豆大島一周マラソン瀬戸内海タートルフルマラソン佐木島エコマラソン隠岐の島ウルトラマラソン石垣島マラソン五島つばきマラソンに続いて7回目となります。

    アクセス

    今回は格安航空券で移動。仕事の都合上、関西空港から出発。奄美空港知経由で喜界空港へ向かいました。

    関空~奄美はバニラエアで片道6,000円弱、奄美~喜界島はJACで片道7,000円弱。ところが、帰りの乗り継ぎ時間が短過ぎる(20分しかない!)ことに、行きの奄美で気付いて、バニラエアに掛け合うも、「出発35分前にチェックインできないとダメ」とのこと・・・。

    結局、帰りのJACを買い直して、キャンセル料含めて10,000円の追加と手痛い出費・・・。実は、こうした飛行機関連の失敗は初めてでなく、買い間違い、便間違い、乗り継ぎトラブルなど、割と頻繁です。学習能力の無さに自分でも呆れます。

    フライト自体は快適。関空~奄美は2時間くらい。奄美~喜界島は20分くらいで、離陸したと思ったらすぐに着陸態勢のアナウンスがあり、機内に多少のざわめきが。しかしながら、空から眺める珊瑚礁の海は絶景でした。

    喜界空港は、田舎の無人駅みたいな佇まい。そこにチェックイン機や手荷物検査装置があるのは、変なギャップがあって面白かったです。

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    喜界島へ

    宿泊

    宿泊は、大会事務局で割り振って貰ったビジネスホテル林。空港から歩いて15分くらい。古いですが綺麗に手入れされていて快適。宿の目の前には”ほっともっと”もあって、不便は全く感じませんでした。以前は、ホクレンのランニングチームが合宿所にしたこともあったとのこと。

    朝食はひとりひとりの分が綺麗に準備されていて少々驚き。また、おかみさん達がとても親切。レースではホテルの前を通過するコースなのですが、玄関先で応援してくれていました。帰りにはマラソン参加者へ、と手土産まで!2泊しましたが、とても良い宿でした。

    レース

    当日朝は曇り空。気温は22~24℃くらいでしたが、それほど暑さは感じず、コンディションは比較的良好でした。

    スタート会場となる喜界町体育館へは宿から歩いて15分くらい。参加者は全部で160名ほど。トイレは体育館内のものだけですが大した混雑なし。ゴールは隣の総合グラウンドですが、親切にも荷物を運んでくれるそうで、荷物搬送車が3台ほど準備されていました。

    開会式で、町長さんの挨拶が「喜界島には何もありません」から始まるという、飾らなすぎる率直な物言いに、都会の大きな大会ではありえない素朴さを感じて好印象。準備体操は奄美大島からインストラクターさんが来ており、スタート前の身体のほぐし方として、参考になる内容でした。

    スタート前。喜界町体育館前にて、町長さんの開会挨拶。
    180422_01_2

    その後、全員で記念撮影。カメラマンさんが体育館の屋根の上からカシャリ。スタート地点への集合からスタートまでは、ほぼ緊張感のない緩い感じでした。

    この大会は、ちゃんと先導車が付いていました。いつものようにサブ3ペースで突っ込んだのですが、割と長いあいだ先導車が見えており、先頭も見える距離が続いたので、「あ、これは入賞できるかも」とか、余計なことを考え始めました。

    一方、ノンビリ走ろうと思っていたのも事実なので、多少迷いましたが、先頭が見えなくなった時点でノンビリ・モードに切り替え、スマホを片手に撮影しながら走ることにしました。

    コースは全般的に平坦ですが、以下の高低図の通り、後半に2箇所ほど結構なアップダウンがあり、結構厳しかったです。後で聞くと、喜界島は昨年、未曽有の豪雨災害に見舞われ、コース変更を余儀なくされたため、今年に限って厳しいコースに変更せざるを得なかった、とのこと。ここで脚が攣りそうになったので、コムレケア塩熱サプリを持参して良かったです。

    コースは、全体的に意外と海岸線沿いが少なく、山や野原を見ながら走る時間の方が長い感じでした。撮影ポイントもそれほど無さそうだったので、エイドを全て撮影しよう、ということだけを決めて走りました。

    沿道の応援は、おそらく集落ごとだと思いますが、疲れを感じたと思ったら声援が聞こえるという、割と絶妙のタイミングで出現。ランナーが少なくて、ほぼひとり旅だったので、老若男女からの大声援を独り占め。手を振って笑顔で駆け抜けるという、スターになったような気分を味わえて、とても良い気分でした。

    空は徐々に晴れ間が広がり、意外と日焼けをしました。風が結構あったので、暑さはさほど厳しく感じなかったものの、体温がこもる感じがしたので、多くのエイドに設置されていたシャワー氷水は、とても助けになりました。

    最後の方のエイドでは、JACのキャビンアテンダントの制服を着たお姉さん(本物?)が、水もって待っていました。思わず「すごい!」と言いながら撮影。水を貰って上機嫌でラストスパートに入りました。

    結局、ひと桁順位でゴール。サブ3.5も達成し、スマホ片手に走った割には上出来でした。30名以上がリタイアしたそうで、全般的には厳しいレースだったかと思われます。

    コースと高低差。GPSの実測データを「ヤマレコ」に読み込んで表示。↓
    喜界島マラソン2018コース

    ラップタイム。各エイドで止まってノンビリしたためか、意外と乱高下。↓
    喜界島マラソン2018ラップタイム

    コースの風景

    以下、走りながら撮影した写真です。

    スタート!白鳥軍団の群れが目立ちます。
    180422_02

    2km地点付近。
    180422_03

    3km地点付近。
    180422_04

    3.2km地点付近。宿のおかみさん達をカシャリ!
    180422_05_2

    3.7km地点付近。第1エイド(朝日酒造前)。
    180422_06

    4km地点付近。
    180422_07

    4.5km地点付近。
    180422_08

    5.3km地点付近。
    180422_09

    7.5km地点付近。第2エイド(中里公民館前)。
    180422_10

    8km地点付近。
    180422_11

    9.3km地点付近。
    180422_12

    10.5km地点付近。
    180422_13

    11.3km地点付近。第3エイド(手久津久公民館前)。シャワーのサービスあり!
    180422_14

    11.5km地点付近。
    180422_15

    12.8km地点付近。
    180422_17

    12.9km地点付近。第4エイド(上嘉鉄地区センター前)。
    180422_18

    13.2km地点付近。私設エイド!
    180422_19

    15.7km地点付近。
    180422_20

    16.4km地点付近。時折、青い海が見えました。第5エイド(宮本商店前)は撮り損ねたようです・・・。
    180422_21

    17.4km地点付近。
    180422_22

    18.3km地点付近。
    180422_23

    18.6km地点付近。第6エイド(阿伝公民館前)。ここでトイレ休憩。
    180422_24

    19.2km地点付近。味わいのある鳥居がいくつか散見されました。
    180422_25

    20km地点付近。
    180422_26

    20.5km地点付近。
    180422_27

    22.2km地点付近。東経130度線地点。
    180422_28

    22.3km地点付近。第7エイド(早町支所前)。
    180422_29

    23.1km地点付近。
    180422_30

    23.5km地点付近。
    180422_31

    26km地点付近。第8エイド(のぞみ幼稚園前)。「を」はキーワードクイズ。答えは・・・?
    180422_32

    27.5km地点付近。第9エイド(ムチャカナ公園前十字路)。キツい坂の途中で救いのエイド!
    180422_33

    28.3km地点付近。海へ向かう真っすぐの下り坂。
    180422_34

    30km地点付近。
    180422_35

    30.4km地点付近。第10エイド(まぐみー広場)。コースミスをしかけ、応援のみなさんから「こっちこっち!」の大合唱。感謝!
    180422_36

    30.6km地点付近。恐怖の登り坂が待ってます。
    180422_37

    31.4km地点付近。登り切って、あとは下り。
    180422_38

    32.7km地点付近。とても長い真っすぐな下り坂。壮観!
    180422_39

    33km地点付近。第11エイド(一本道)。
    180422_40

    35km地点付近。第12エイド(ミネックスエビ養殖場前)。
    180422_41

    37km地点付近。第13エイド(旧坂嶺小学校前)。
    180422_42

    40km地点付近。最終第14エイド(喜界高校前)。キャビンアテンダントさんの機内(?)サービス!
    180422_43

    41km地点付近。ようやく終わりが見えてきました。
    180422_44

    41.5km地点付近。若い娘さん達の声援を受けてラストスパート!
    180422_45

    42km地点付近。いよいよ総合グラウンドへ。
    180422_46

    42.1km地点付近。ゴールは目の前!
    180422_47

    ゴールイン!
    180422_48

    スタート会場となった喜界町体育館の前に掲げられた幟旗。
    180422_49

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月22日 (日)

    喜界島マラソンを完走しました

    本日(2018/4/22)、喜界島マラソンを無事完走しました。

    曇り空でしたが、意外と日焼けしました。気温は22~24℃と高め、身体に熱がこもる感じでした。

    でも、風が適度にあって、何より、エイドではシャワーや氷水のサービスが充実していたので、厳しくはありませんでした。

    コースは全般的に平坦ですが、後半に2箇所ほど、結構なアップダウンがあり、そこを余力を残して凌げるかがポイントかと。意外と、海辺より山沿いや野原の中を走るという感じでした。

    沿道の応援が要所要所に出現し、老若男女から大声援!ランナーが少なく、ずっと一人旅という感じだったので、声援を独り占め。スターの気分を味わえました。

    島の皆さんはとても人懐っこい感じで、気軽に声を掛けてくれました。自転車ですれ違う高校生たちもみんな「こんにちは!」と挨拶してくれ、いい島だな~、と感じ入っております。

    詳しいレポートはまた後日アップします。

    完走証と完走タオル。
    喜界島マラソン2018

    沿道から青い海の風景を撮影。
    喜界島

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月20日 (金)

    次のテーマは”島RUN、トレRUN、ウルトRUN!”~まずは、喜界島マラソンへ

    全国制覇を達成して後、若干、燃え尽き状態になっていましたが、そろそろ、活動を再開することにしました。

    次のテーマをどうするか、いろいろ考えた結果、”島RUN、トレRUN、ウルトRUN!”に決定!

    旅RUNを楽しむ、というコンセプトは変わりないですが、件数ノルマを無くす代わり、アクセスと走破の難易度を高めに設定しました。

    まずは明後日、喜界島マラソンを走ってきます。できるだけタイムを気にすることなく、島の風景を楽めれば、と思っております。

    喜界島マラソン2018登録証

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月12日 (木)

    トレーニングの記録~3週連続フルマラソンの後、1ヶ月置いて、2週連続フルマラソンまで(2/25~4/1)

    3週連続フルマラソン姫路城マラソン北九州マラソン五島つばきマラソン)以降、1ヶ月の休みを置いて、2週連続フルマラソンとくしまマラソン四万十川桜マラソン)までに行ったトレーニングの記録をアップします。

    2/25(日) 五島つばきマラソン

    2/26(月) 休養
           体重:58.7kg

    2/27(火) ストレッチ1時間
           トレッドミル:3km(6km/h→12km/h→16km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:58.2kg

    2/28(水) 休養
           体重:57.0kg

    3/ 1(木) 休養
           体重:56.8kg

    3/ 2(金) 休養

    3/ 3(土) ウォーキング:6km

    3/ 4(日) 休養

    3/ 5(月) 休養

    3/ 6(火) ストレッチ:30分
           筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:4km(12km/h→12km/h→16km/h→12km/h→6km/h→16km/h→12km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.3kg
           ※筋トレの標準メニューはこちら

    3/ 7(水) ストレッチ:1時間
           体重:57.0kg

    3/ 8(木) 筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:2km(16km/h→6km/h→16km/h→6km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:56.6kg

    3/ 9(金) トレッドミル:5km(16km/h→6km/hを5セット、傾斜2°)
           体重:56.0kg

    3/10(土) 浦和競馬場ダートリレーマラソン :1.2km(キロ4分)→1.0km(ジョグ)→1.2km(キロ4分)→1.0kmジョグ→1.2km(キロ4分)
           体重:55.8kg

    3/11(日)  ストレッチ:1時間
           体重:57.6kg
           ※以降、とくしまマラソンまでの2週間くらい、身体のだるさが継続。恐らく食事制限(昼食制限)によるエネルギー不足のせい。

    3/12(月) ストレッチ:15分
           体重:57.4kg

    3/13(火) 休養
           体重:56.7kg
           ※花粉症が悪化し出した。

    3/14(水) ストレッチ:15分
           筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:5km(16km/h→6km/hを5セット、傾斜2°)
           体重:56.3kg

    3/15(木) ストレッチ:15分
           筋トレ:4種(トーソ・ローテーションとカーフ・プレスをお試し、後は軽くレッグ・プレスとプルダウン)
           トレッドミル:3km(16.5km/h→6km/hを3セット、傾斜2°)
           体重:57.1kg

    3/16(金) 休養
           体重:56.7kg

    3/17(土) 休養
           体重:56.4kg

    3/18(日) ストレッチ:1時間
           筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:2km(16.5km/h→17.0km/h→16.0km/h→16.0km/h、0.5kmずつ、傾斜2°)
           体重:56.9kg

    3/19(月) ウォーキング:8km
           ※相変わらずだるさあり。缶コーヒーのカフェインが効き過ぎて若干胸苦しい感じ。

    3/20(火) ストレッチ:30分
           筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:3km(16.5km/h→12km/hを3セット、傾斜2°)
           体重:57.0kg

    3/21(水) 筋トレ:レッグプレスのみ
           体重:57.0kg

    3/22(木) トレッドミル:7km(15km/h×5km→6km/h×1km→18km/h×0.5km→6km/h×0.5km、傾斜2°)
           体重:56.3kg

    3/23(金) ストレッチ:15分
           筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:5km(18km/h→12km/hを0.5kmずつ3セット、ジョグ1km、18km×0.5km、傾斜2°)
           体重:56.2kg

    3/24(土) 休養

    3/25(日) とくしまマラソン

    3/26(月) 眉山に登山
           体重:58.8kg

    3/27(火) トレッドミル:12km/h×8km、傾斜2°)
           体重:58.4kg

    3/28(水) 休養

    3/29(木) ウォーキング:5km

    3/30(金) トレッドミル:3km(17.5km/h→12kmを0.5kmずつ3セット、傾斜2°)
           体重:57.5kg

    4/ 1(日) 四万十川桜マラソン

    五島つばきマラソン(2/25)ととくしまマラソン(3/25)の間、1ヶ月で、ウォーキングもあわせて60km弱しか踏んでいません。これでは失速はやむを得ませんね。

    また、とくしまマラソン(3/25)と四万十川桜マラソン(4/1)の間、1週間は、疲労抜きジョグ、ウォーキング、軽いインターバルで、若干疲労が残るかな、という感覚です。

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月10日 (火)

    ホカオネオネの耐久性~10回のフルマラソンで、どのくらい劣化するか?

    ホカオネオネの耐久性について、以前、ホカ オネ オネの耐久性~約500キロ走った後、どのくらい劣化するか?という記事で、を書きました。

    今回は、フルマラソンを10走った後の劣化の程度を見ます。以前の記事では、クリフトン2を使いましたが、今回はクリフトン3です。

    まず、背面から見たところ。比較しやすいように、使い終わったクリフトン2(左の黄色いやつ)と並べています。使用前(新品の状態)、使用後フルマラソン10回後)。高さが低くなっているのが分かります。これは、特にアッパーが全体的に潰れているせいもありますが、ソールがすり減っている影響もあります。

    180410_hoka_1_2 180410_hoka_1_3

    次に、側面から見たところ。ソール(特に中央部)が、明らかにすり減っているのが分かります。

    180410_hoka_2 180410_hoka_2_2

    次に、底面から見たところ。写真では分かりづらいですが、ソールの黒いパーツのトレッドパターンがすり減っています。しかし、全体的には、見た目に大きな変化は分かりません。

    180410_hoka_3 180410_hoka_3_2

    次に、上面から見たところ。これも、見た目に大きな変化は認められません。

    180410_hoka_4 180410_hoka_4_2

    最後に、正面から見たところ。潰れて反りかえっているのが分かります。

    180410_hoka_5 180410_hoka_5_2

    最後の2レース(とくしまマラソン四万十川桜マラソン)は、何となくクッション性が悪くなったような感触がありました。ただし、両レースとも比較的暑く、好天で路面も熱かったはずなので、それがシューズの素材に影響した可能性はあるかも知れません。

    いずれにせよ、結構すり減っているので、買い替え時かなとは思いますが、やはり勿体ないので、もう少し履いてみて様子を見たいと思います。

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月 8日 (日)

    トレーニングの記録~3週連続フルマラソン、自己記録更新の前後(1/28~2/25)

    石垣島マラソン以降、3週連続フルマラソン姫路城マラソン北九州マラソン五島つばきマラソン)の前後で行ったトレーニングの記録をアップします。

    1/28(日) 石垣島マラソン

    1/29(月) 休養

    1/30(火) 筋トレ:7種(負荷半分)
           ウォーキング:5km
           ※筋トレの標準メニューはこちら

    1/31(水) 休養

    2/ 1(木) ストレッチ:30分
           筋トレ:7種(負荷2/3)
           ウォーキング:1km
           体重:58.0kg
           ※ヨーグルト(ビフィズス菌、オリゴ糖入り)を摂り始めた。

    2/ 2(金) ストレッチ:30分
           トレッドミル:7km(6km/h→10km/h→15km/h→10km/h→ジョグ、傾斜0°)
           体重:58.1kg

    2/ 3(土) ストレッチ:1時間
           体重:57.8kg

    2/ 4(日) 筋トレ:7種(負荷半分)
           トレッドミル:1.5km(6km/h→15km/h→ジョグ、傾斜0°)
           体重:58.1kg

    2/ 5(月) トレッドミル:9km(6km/h→9km/h→12km/h→9km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.2kg

    2/ 6(火) ストレッチ:30分(開脚に重点)
           筋トレ:負荷半分
           >トレッドミル:2km(6km/h→10km/h→15km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.0kg

    2/ 7(水) トレッドミル:6km(インターバル、6km/h・0.5km→15km/h・0.5km、5セット+ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.8kg

    2/ 8(木) ストレッチ:1時間
           体重:57.0kg

    2/ 9(金) 休養

    2:10(土) 休養

    2/11(日) 姫路城マラソン

    2/12(月) 休養
           体重:58.5kg

    2/13(火) ストレッチ:30分

    2/14(水) 休養

    2/15(木) ストレッチ:1時間
           筋トレ:6種(背筋なし、負荷半分)
           体重:57.4kg
           ※便通が良くなってきた。

    2/16(金) トレッドミル:4km(インターバル、10km/h・0.5km→15km/h・0.5km、3セット+ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.3kg

    2/17(土) 休養
           ※だるさあり。腰痛、軽い腹痛あり。

    2/18(日) 北九州マラソン

    2/19(月) 休養
           体重:59.5kg
           ※脚にかなりむくみあり。体調は良好。

    2/20(火) ストレッチ:30分
           体重:58.3kg
           ※身体は結構柔らかい。脚にかなりむくみあり。

    2/21(水) 休養
           体重:57.7kg
           ※腰痛あり。

    2/22(木) 休養
           体重:57.3kg

    2/23(金) ストレッチ:30分
           トレッドミル:5km(インターバル、6km/h→(10km/h→16km/h)×3セット→10km/h→ジョグ、傾斜2°)
           体重:57.2kg

    2/24(土) 休養

    2/25(日) 五島つばきマラソン

    フルマラソン直後は体重が大幅に増加、それが1週間で元に戻る、ということを繰り返していて、興味深いです。走った直後のむくみ(つまり水分)が次第に引いて行ってるためか、と思われます。

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月 6日 (金)

    四万十川桜マラソンの後は、龍馬に逢いに桂浜へ

    四万十川桜マラソン の翌日、龍馬像を拝みに、桂浜へ向かいました。

    高知駅北側のバスターミナル5番乗り場から、桂浜行きが約1時間毎に出ていました。片道690円の後払い、所要時間は40分くらい。普通の路線バスなので、途中途中のバス停に停車しながら、のんびり向かいました。

    バスを降りてすぐ、桂浜公園の案内板あり。これにしたがって、番号の付いてる名所史跡を全部巡ることに。
    桂浜の案内板

    まずは龍馬像。懐手に桂浜から太平洋を眺める姿は凛々しく、ちょっと恰好良く作りすぎのような・・・。背後では修復工事をしていました。
    龍馬像

    桂浜から望む太平洋。波は若干荒めでした。
    桂浜から太平洋を望む

    桂浜から太平洋を望む

    豪気節の歌碑。旧制高知高校(新制高知大学)の寮歌だそうです。「カリフォルニヤの岸」と、遠く対岸の異国を歌うという発想は、当時としてはかなり壮大なものだったそうです。
    豪気節の歌碑 豪気節の歌碑

    旧制高知高校の校歌碑。自由の精神と理想を、これでもかと歌い上げています。こんな校歌を持てるのは羨ましいです。
    旧制高知高校の歌碑 旧制高知高校の歌碑

    吉井勇の歌碑。「いのち短し恋せよ乙女」で始まる「ゴンドラの唄」の作詞家としても有名。離婚して失意の頃に土佐に隠棲したが、再婚して京都向かった、再起の地でもあるそうです。
    吉井勇の歌碑 吉井勇の歌碑

    浦戸砲台場跡。弾薬の貯蔵庫があったとのことですが、その面影はあまり感じられませんでした。
    浦戸砲台場跡

    坂本龍馬彰勲碑。龍馬を弔う和歌が刻まれています。1915年建立と、比較的後年に建てられたもののようです。
    坂本龍馬彰勲碑 坂本龍馬彰勲碑

    田中桃葉記念碑。土佐出身の、怪談、随想、伝記、紀行など、多岐に渡る作家。田山花袋、幸徳秋水、井伏鱒二などと交流があったそうです。
    田中桃葉記念碑 田中桃葉記念碑

    大町桂月記念碑。土佐出身の歌人、詩人、随筆家、評論家。旅と酒を愛し、北海道、青森から、朝鮮、旧満州まで旅をしたとのこと。上記の田中桃葉は愛弟子だそうです。
    大町桂月記念碑 大町桂月記念碑

    バス通りに出て少し歩き、横山黄木の詩碑へ。高知商業高校の創始者。「商人にも学問を」との思いを胸に、初代校長も務めたそうです。
    横山黄木の詩碑 横山黄木の詩碑

    バス通り沿いにある浦戸城址碑。鎌倉末期に築城、本山氏、長宗我部氏、山之内氏と移った後に廃城。浦戸城天守跡がこの先、坂本龍馬記念館の近くにあります。
    浦戸城址碑 浦戸城址碑

    龍馬記念館の手前に、高浜虚子の歌碑。土佐を訪れた折の一句とのこと。
    高浜虚子の歌碑 高浜虚子の歌碑

    坂本龍馬記念館。残念ながら、リニューアル工事で閉館中でした。
    坂本龍馬記念館

    坂本龍馬記念館の手前に、浦戸城天守跡への登り口があります。
    浦戸城址への登り口

    浦戸城天守跡。祠のみが建っていました。
    浦戸城天守跡 浦戸城天守跡

    つづら折りのバス通りを下って、六体地蔵へ。関ケ原の戦の後、浦戸城の明け渡しを拒んで戦死した一領具足を供養するため建立された由。一領具足とは、長宗我部氏に仕え、普段は農民として暮らすが、いざとなれば一領(ひとそろい)の具足(武器)を携えて戦場にはせ参じる半農半兵の者たちのこと。
    六体地蔵 六体地蔵

    一領具足供養の碑。浦戸一揆の顛末と戦死した一領具足の末路が記されています。桂浜の案内板にあった番号付きの名所史跡巡りはこれにて終了。
    一領具足供養の碑

    再び、つづら折りのバス通りを登り返して、高知灯台へ。
    高知灯台 高知灯台

    高知灯台から桂浜へ下りて、龍王岬へ。龍宮橋のたもとから太平洋を望む。
    龍王岬

    海津見神社。海上安全、漁業豊登、祈雨祈晴、商売繁盛、良縁成就の御利益があるそうです。
    海津見神社 海津見神社

    龍王岬の最高点にある早高神社を見上げたところ。狭い頂上に祠がひとつ。
    早高神社

    龍王岬から桂浜を見下ろしたところ。これで桂浜巡りは終了。所要時間は2時間弱。龍馬記念館が開館していれば、3時間くらいの行程と思われます。
    龍王岬から眺める桂浜

    帰りは、桂浜から高知空港への直通バスは無く、行きと同じく路線バスで高知駅へ戻ってから、空港行きの高速バスに乗り換えました。

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月 3日 (火)

    四万十川桜マラソン(高知県、2018年)~全都道府県フルマラソン完全制覇へのラストラン

    去る4月1日(日)、四万十川桜マラソン高知県)を、無事完走しました。

    これでフルマラソン完走は54回目全都道府県フルマラソン完全制覇47都道府県満願成就となりました。

    アクセスと宿泊

    今回は、楽天ANA楽パックを使い、飛行機羽田空港から高知龍馬空港へ向かいました。

    空港に着いたらすぐに、高知駅行きの高速バスに乗ることができました。自販機でチケット(720円)を買って乗り込み、30分くらいで到着。

    宿泊は、高知駅にほど近い高知パシフィックホテルへ。とても綺麗で言うことなし。ホテル前の道を走る路面電車が結構うるさいですが、窓を閉めれば問題なし。

    翌朝は、始発電車(5時39分発)に乗るので、早めに就寝しました。

    移動とスタート会場

    始発電車は窪川行きの普通列車、2両編成。2時間以上かけてゆっくり向かいました。やはりランナーが多くて、満員ではないものの、意外と席は埋まっていました。

    窪川駅に到着、駅舎を出ると、誘導のスタッフさんが居て、他にランナーもたくさん居るので、道に迷うことはありません。スタート会場の窪川小学校には割とすぐに到着。

    受付、更衣室、荷物預けは、グラウンドに出てから、左手奥の方。暖かくなったので、防寒の心配が無用なのは楽チンです。トイレも10分待ちくらいで、大した混雑は無し。

    開会式が終わったら、グラウンドを抜けてスタートゲート前へ移動。参加者は1630名少しとコンパクト。おもむろに整列した後、カウントダウンが開始されました。

    ところが、スタート30秒前くらいで、突然のカウントダウン中止!ゴール会場方面から救急車が来るから道をあけるように、とのこと。これは珍しい。

    結局、救急車は迂回路に向かったとのことで、7~8分遅れでスタートしました。

    高知駅を出発する窪川行き始発列車。
    高知駅を出発する窪川行き始発列車

    窪川駅に到着。
    窪川駅に到着

    コースの状況とレースの結果

    当日朝は、お天気は快晴、気温はスタート時で14℃くらい、ゴール時で20℃くらい。結構暑かったです。

    コースは、スタート地点とゴール地点が異なりますが、基本的には四万十川沿いの折り返し。下り基調で、しかも高低差が200メートル以上。かなりの高速で飛ばせることを期待してスタート。

    しかし、そんなに甘くはありませんでした。中流域なためか、日差しはそんなに強くはないものの、暑いことに変わりはなく、かなりの水分補給を強いられました。幸い、エイドはスポーツドリンクや水、加えてスポンジが大量に準備されていたので、とても助かりました。

    また、下り基調でスピードは確かに出るものの、練習不足もあって足腰が追い付いていかず、 着地の衝撃を吸収し切れなかったためか、足の裏がヒリヒリと痛くなって行きました。クッション性の高いホカオネオネを履いていて、こんな感じは初めてでした。気のせいか、地面の熱さが伝わってくるような感じでもありました。

    下り基調ではあるものの、アップダウンが細かくあって、結構消耗しました。25km以降は、ほぼ、エイドの度毎に停止。ラップタイムも順調に低下。スピード持久力の無さを痛感した次第です。

    ただ、周辺の景色はというと、間違いなく癒しの空間は満開を過ぎていましたが、谷底から舞い上がる桜吹雪の中を走るような場面もあったりして、一服の清涼剤、という感じでした。

    35kmから、木陰が続いたこともあって、徐々に息を回復。参加者が少ないために前後がまばらになりましたが、すぐ前のランナーにターゲットを定め、できる限り置いて行かれないよう、残り7kmを必死で走りました。

    タイムは、やはり高速コースなためか、この暑さでも3時間20分切りを達成。しかし、かなり苦しいレース展開だったため、意外と達成感はなく、とにかく終わってホッとした、という感じでした。

    ゴール後は、もも、ふくらはぎ、足の裏と、順番に攣って行き、久々にうめき声を上げてしまいました。ウェアは塩だらけ。有料シャワー(3分100円)はとても有難かったです。

    コースと高低差。GPSの実測データを「ヤマレコ」に読み込んで表示。↓
    四万十川桜マラソン2018コース

    ラップタイム。なかなかの乱高下。↓
    四万十川桜マラソン2018ラップタイム

    完走証。部門別でひと桁順位で、それだけは嬉しい結果でした。↓
    四万十川桜マラソン2018完走証

    ゴールには、多くのギャラリーが応援してくれていました。
    四万十川桜マラソン2018ゴール

    ゴール地点の遠景。
    四万十川桜マラソン2018ゴール

    表彰式の準備が整っていました。いつかはここに昇りたいものですが・・・。
    四万十川桜マラソン2018表彰台

    レースの後

    レースの後は、無料シャトルバスで、窪川駅へ戻りました。

    バスは四万十川沿いを走ったのですが、不覚なことに反対側に着席。あまり良い写真は撮れませんでしたが、車窓から、流れゆく桜並木の風景を楽しみました。

    乗り物酔いのランナーが居て、バスは2回ほど停車。苦しそうに嘔吐していました。気の毒に・・・。この暑さの中、結構なスピードで走ったと思われ、無理をしたんでしょうね。私は、無料券で貰った焼きそばをパクつける程に元気だったので、嘔吐した彼に比べて、まだまだ全力を出し切っていないな、と反省した次第です。

    四万十川と桜のある風景。
    四万十川と桜のある風景

    窪川駅には、ユニークな列車が幾つか停まっていました。これは幕末維新号
    幕末維新号

    沿線7市町村をイメージしたラッピング列車らしいです。これは宿毛市をイメージしたSUKUMO号
    SUKUMO号

    観光用トロッコ列車、「しまんトロッコ」号
    しまんトロッコ

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年4月 1日 (日)

    全都道府県フルマラソン完全制覇を達成!

    本日、2018年4月1日(日)、四万十川桜マラソンを、無事完走しました。

    これにて、全都道府県フルマラソン完全制覇を達成。満願成就と相成りました。

    全都道府県フルマラソン完全制覇マップ

    レースが結構苦しかったせいか、ゴールしたことにホッとして、全国制覇のことは、ゴール後に着替え終わるまで、すっかり忘れていました。

    もっとこう、感動のゴール!みたいなことを期待してましたが、意外とあっさり終わってしまいました。帰宅してから、ゆっくり噛み締めたいと思います。

    今日のお天気は快晴、気温はスタート時で14℃、ゴール時で20℃、南風。先週のとくしまマラソンより厳しいコンディションでした。

    ただ、中流域なためか、意外と木陰が多く、日差しで苦しめられることはありませんでした。

    しかし、気温が高いことには違いなく、エイドでの水分補給とスポンジにかなり助けられました。塩熱サプリやコムレケアも摂取。それでもゴール後、腿、脹ら脛、足と、順番に攣り、久々にうめき声を上げました。ウェアは塩だらけになっていました。

    また、下り基調が災いしたのか、はたまた練習不足のためか、地面の衝撃で足裏全体がヒリヒリと痛くなりました。ホカオネオネを履いてこの感じは初めて。

    タイムは、やはり高速コースなためか、この暑さでも3時間20分切りを達成。詳しいレポートはまた後日アップします。

    ゴール地点の風景。
    四万十川桜マラソン2018ゴール地点

    四万十川と桜。
    四万十川と桜

    今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • | | コメント (4) | トラックバック (0)

    « 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »