皇居の周りをワラーチで疾走~皇居Cityマラソン&七夕ラン: 全都道府県フルマラソン完全制覇への道

« 無酸素性作業閾値(AT値)を知るには? | トップページ | スピードを養成するには?~インターバルでVO2maxを高める »

2018年7月 8日 (日)

皇居の周りをワラーチで疾走~皇居Cityマラソン&七夕ラン

昨日(2018/7/7土)、皇居Cityマラソン&七夕ランに参加して来ました。

皇居の周りを走る大会は幾つかありますが、こちらは、グリコ パワープロダクションが協賛する大会です。

レースの概況

今回は、職場のランニング仲間と駅伝に参加。年齢構成は20歳台から60歳台まで、ただし、50歳台以上が過半数の高齢化(?)チーム。計8名を2チームに分けて挑みました。(写真はスタート前、桜田門付近)

180707_1

天気は曇りのち晴れ、最高気温は30℃に達しないくらい。適度に風もあって、走るのに苦にはならないコンディションでした。

このレースは、参加者が比較的少なく、楽しくユルリと走ることもできますし、ちょっと頑張れば入賞を目指すことも可能。

我々がエントリーした駅伝は、周回(5km)×4=20kmのコース。出場したのは計5チーム。他のチームは、我々よりも明らかに若手のメンバー構成でした。

しかし、負けず嫌い(?)が揃っている我がメンバー達。年齢も顧みず、大人げの無い、本気(ガチ)のレースを繰り広げ、結果、1位3位を奪取!両チームとも、めでたく入賞を果たしました。

180707_2

当日は、他の大会も開催されており、また、個人やチームでトレーニングに励むランナー達も多く、皇居の周りは相変わらずの賑わいでした。ただ正直、危険に感じる場面もあって、ランニングのマナーを考えさせられる一日でもありました。

レース後は、近くのランニング・ステーションでシャワーを浴びた後、応援メンバー2名を加えて計10名で乾杯。各々のランニング体験を語り合いながら、楽しいひと時を過ごしました。

ひとりのレースも良いですが、仲間と一緒に出るレースは、また別の味わいがあって良いものですね。

個人の記録

私は今回、第一走者を務めました。今回は愛用のワラーチで出走。コンディションが良かったこともあってか、意外と好記録で、タスキをつなぐことができました。

180707_map

180707_lap
青グラフがペース(左軸)、赤グラフが心拍数(右軸)。

180707_sheet

心拍数を見ると、ラスト1kmで急上昇しています。ラストスパートのせいとは思いますが、実際、この間、脚が動かなくなるような感覚(乳酸の蓄積)と、血の気が引くような感覚(酸欠)に襲われていました。

反時計回りで桜田門に至るラストは下り基調で、ただでさえオーバーペースになり勝ち。身体能力の限界を超えかけていて、ちょっとヤバかったかも。ただ、そこを乗り切れたのは、最近はまっている(?)、心拍トレーニングのお蔭かと思います。

なお、最高心拍数182を記録。今まで170くらいと思っていたので、これを知ることが出来たのは思わぬ収穫でした。一方、心拍計はところどころ値が飛んでおり、意外と安定した測定が難しいのかな、という感じです。

ワラーチには、結構慣れてきました。フォワフットという条件付きですが、スピードも出せますし、夏場などは普通のシューズより快適かも。ただ今回、装着が甘かったせいか、足指や足裏をアスファルトで何度かこすってしまいました。怪我はなかったですが、しっかりと装着に工夫が必要なようです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

↓ブログのランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです。↓
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ ウルトラマラソンへ
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
  • |

    « 無酸素性作業閾値(AT値)を知るには? | トップページ | スピードを養成するには?~インターバルでVO2maxを高める »

    その他レース」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605523/66908570

    この記事へのトラックバック一覧です: 皇居の周りをワラーチで疾走~皇居Cityマラソン&七夕ラン:

    « 無酸素性作業閾値(AT値)を知るには? | トップページ | スピードを養成するには?~インターバルでVO2maxを高める »